ネットFAXは運用面が優れている


ネットFAXというものは、インターネットを利用したFAXのことです。
通常のFAXは電話回線を使っています。ですから電話FAXと言えます。
それに比べネットFAXはインターネットの回線を使ってるので インターネットFAXと呼ばれているのです。

最近では、光回線など常時接続のネット環境が広がってきたので
こういうことが出来るようになったのです。
従来のFAXがFAX機から送ってFAX機に印刷するというようにお互いFAX機が必要でした。
ですから各企業で他の企業と取引があれば、FAXは必需品のようなものです。

もちろん今でも情報のやりとりは従来のFAXがまだまだ使われています。

でも従来のFAX機同士の場合、どちからが壊れると運用が止まってしまうという弱点がありました。
その点ネットFAXは、FAX機が不要でネット回線を使ってデータをやりとりしているだけなので、
パソコンやタブレットなどがあれば利用できます。

そうなると、送る側のパソコンが壊れても、別のパソコンくらいあるでしょうから運用も止まりません。
受け取る側も同じで、受け取るパソコンが壊れても、他のパソコンやタブレットもあるでしょう。
ここがおすすめする一番の理由ですね。

インターネットFAXは、運用面でも優れているのです。
このサイトを参考にしてみて下さい。